内窓プラスト
製造プロセス

製造プロセス

内窓プラストは、永年に渡る経験と実績を持つ樹脂専門メーカー大信工業が製造を手がけています。製品細部にこだわり、製品設計、原料開発、原料製造、金型設計・製造、気密材製造、窓枠部材製造を行っています。厳密に設計・製造された樹脂部材は品質保証室でしっかりと検査され、品質基準を満たすことではじめて、内窓プラストの部材となります。まず、設置場所の採寸を正規販売店が行い、採寸したサイズに合わせて各部材を断裁・加工した後、製品が組み立てられます。大信工業では、完成した内窓プラストがあらゆる設置場所においてしっかりと機能を発揮する「上質な内窓」づくりにこだわり、製造プロセスにも厳格な基準を持って内窓プラストを製造し続けています。

内窓プラスト 内窓プラスト 上質な暮らしへ 上質な内窓 カラーコンセプト ビルの省エネ 内窓プラスト